Return to site

イギリス3日目(1)母校訪問

· イギリス,旅行,エッセイ

だいぶ間が空いてしまいましたが、先月のイギリス旅行記の続きです。

(click → 1日目 / 2日目その1 / 2日目その2

ロンドン郊外にお住まいの人気料理研究家、エリオットゆかりさんの御宅にお世話になった前半3日間。

残念ながらこの日でゆかりさんとはお別れです。

この日も美味しい朝食を用意して下さいました。

エリオットゆかりさん宅で、最後の朝食

この次の行先がオックスフォードの友人宅で、ちょうど今回行きたいと思っていた2か所が道中にあったので、レンタカーできないかなとゆかりさんに相談したら、「私がオックスフォードまで全部連れてってあげるよ~」と。

なんて親切なの!!

いっちゃん、ありがとう~!(←「いっちゃん」はゆかりさんの愛称ね)

ご家族に別れを告げ、まずは一路わが母校、ロンドン大学 Royal Holloway College へ。

高速道路や途中の幹線道路が懐かしい番号になり、街周辺の懐かしい風景になり、ワクワク最高潮の中、到着しました!

(お天気悪い。イギリスらしいとも言うw)

母校ロンドン大学Royal Holloway College
母校ロンドン大学Royal Holloway Collegeを car parkから望む

帰ってきたよ~ファウンダーズ!!

たぶん20年ぶり!

ジーーーーン(感涙)

このお城のようなメイン校舎は Founders Building と言います。

少なくとも私がいた頃は、建物の半分以上は寮でした。

まだ9月初めで新学年が始まる前だったので、あちこち工事してたり業者さんが出入りしていましたが、構内は自由に歩けました。

学部や寮にも寄って、広い構内をお散歩。

このFoundersの中にはチャペルもあります。

美しいわ~。

母校ロンドン大学Royal Holloway Collegeのチャペル

Foundersの中庭は南北2つに分かれているのですが、入口に近い側にヴィクトリア女王の像が!

母校ロンドン大学Royal Holloway College、Founders Building中庭にヴィクトリア女王の像

近寄ってみました。

母校ロンドン大学Royal Holloway College、ヴィクトリア女王の像

えーっと、なぜここにヴィクトリア女王がいらっしゃるんでしたっけ?とすっかり忘れていたワタクシ、像の裏を読んでやっと思い出しました。

母校ロンドン大学Royal Holloway College、ヴィクトリア女王が1886年に開校

「大英帝国およびアイルランド女王ならびにインド女帝

 ヴィクトリア

 在位50周年の年

 1886年6月30日にロイヤル・ホロウェイ・カレッジを開校す」

そう言えばそうだった!

この大学を選んだのは、物理と音楽が同時にできる数少ない選択肢の一つだったからなのですが、あらためて、素晴らしい学校に行けたのだなあと両親に感謝。

ドラマ「ヴィクトリア」も、もっとちゃんと観ようと思いましたよ(笑)

構内をぐるりと回って、林の中を抜けて(そう、林というか森みたいなところもあるんです)、戻ってきました。

最初の入口のちょうど反対側。

母校ロンドン大学Royal Holloway College

お名残惜しいわ~。でももう行かなきゃ。

というわけで、素敵なマナーハウスに向かいました。

続きはこちら→***

ブログランキング、復活しました。よろしければ応援のクリックをお願いします↓

#イギリス英語 #発音 #教室 #ブリティッシュ #東京 #港区 #ディクション #歌の発音

1) 歌で発音!クラス 

現在募集中のものや過去開催については、こちらをご覧ください→***

2) スカイプによる発音個人レッスン

1回だけのご相談でも、継続を視野にいれたお試しでもどうぞ。

詳しくはこちらをご覧ください → ***

高島まきHP http://www.maki-takashima.com/

よろしければ下から読者登録をどうぞ。更新のお知らせが届きます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK