Return to site

新番組「女王ヴィクトリア」主役女優の発音

· 発音

ダウントン・アビー終了の翌週7月30日から始まりました、NHK「女王ヴィクトリア 愛に生きる」。

ダウントン終了を嘆きつつも、観ましたよ。

ヴィクトリア女王って晩年の大きく威厳のあるお姿しかイメージがないので、18歳という設定の若い女王って意外だったのですが、まあなんと可愛らしくてお人形のようだこと!

お衣装もとっても可愛い♡

ドラマとしてどうこうとか、時代考証とかはお得意な方に譲るとして、ワタクシはやはり発音です(笑)。

予告編を観たあと、たまたまヴィクトリア役の女優ジェナ・コールマンさんのインタビュー番組を観たのですが、役柄と素の発音の違いにちょっとビックリ!

ではまずは予告編をご覧ください。

役柄的に当然ではありますが、RP (Received Pronunciation) で話しています。

(RPにもおハイソ階級の中のバリエーションがあるのですが、彼女のRPにはロイヤルな響きはちょっとまだ無いかな。)

ではイギリスの朝番組 Good Morning Britain に登場した時の映像をどうぞ。

(朝番組のネーミングって、どこも同じなのね 笑)

RPよりもだいぶ崩した、いまどきの若者の話し方です。Tが落ちるとか、ちょっとEstuaryかな。

……と思っていましたら、ところどころに北の発音が!

最初に気がついたのは、1分10秒あたり、laughing の言い方です。

カタカナにしますと、RPや南のほうのスタンダードである「ラーフィン」ではなく、「ラッフィン」と母音が短い。

その次は2分7秒あたり、ヴィクトリア女王と夫君アルバートの音楽に対する情熱について語るくだりで、such が「サッチ」ではなく「スッチ(またはソッチ)」。

 

あら、この方ももしや北の方?と調べましたら、北イングランドはブラックプールのご出身でした。

当たり~♪

おまけ。その直前、ちょうど2分あたり、ベートーヴェン Beethoven を、英語人にありがちな「ベイ(t)ホーヴェン」と言ってます。

なんでも英語読みにする英語人たち、バッハ Bach を「バック」と言う人もいます。

なんだそりゃ、と思いつつも、私たち日本人が英語名を日本語読みにするのも、アチラの方々には面白く聞こえるんでしょうね。

そんなわけで、今後も楽しみにドラマを観ようと思っています。

========

高島まきHP http://www.maki-takashima.com/

 

よろしければ下から読者登録をどうぞ。更新のお知らせが届きます。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly